置き換えダイエットの具体的な方法

置き換えダイエットを始めようと決意された方は、置き換えダイエットの正しい方法をまずは覚えておいてくださいね。正しいダイエット方法を行わないと、トラブルを招いてしまうこともあるようです。

では、正しい置き換えダイエットの具体的な方法を紹介します。

朝食はなるべく置き換えない

朝食を置き換えダイエット食品に置き換えているという人もいますが、午前中の運動量を下げてしまう原因ともなりますので、なるべく朝食以降の置き換えをオススメします。
ただ、元々朝食を食べずに生活していたという人には手軽に食べられる置き換えダイエット食品を食べましょう。何も食べないよりは「マシ」といった感じです。

1日1回置き換える

1日に2回置き換えダイエット食品で食事を置き換えている人も居ます。
確かに、そうすることで早く痩せることはできます。しかし、経済的にも負担になってしまいますし、何より止めたときのリバウンドが激しくなります

いくら栄養が豊富とはいえ、体調を崩してしまう危険があります。
1日1回の置き換えダイエットを基礎とし、できることなら2日に1回などというように、置き換えダイエット食品を使用する頻度を少なくしたほうが良いです。

リバウンドしないための置き換えダイエットの終わり方

いきなりお金に余裕が無くなったからといって通常食に戻してしまうと、急激に太って元の体重以上になってしまう可能性もありますので、しっかりと覚えておく必要があります。

だんだん減らしていく

置き換えダイエットをいきなり止めて、通常の食事内容にしてしまうと、リバウンドしやすくなってしまうと言われています。1日に1回の置き換えダイエットをしているのであれば、2日に1回、3日に1回…などというように、段々と減らしていくという方法が好ましいです。

ドカ食いをしない

置き換えダイエットを止めた反動で、前よりも多い食事内容になってしまう人もいるみたいです。
それまで我慢していた食欲を取り戻すように…。これは、2回の食事を置き換えていた人に多いようです。
置き換えダイエットを止めたからといって沢山食べすぎないように!

それまでカロリー控えめという制限をされていた体は、なるべくカロリーを体に吸収しようとしています。
そんなときに運動もせず、ただ食べるだけということでは太って当然です。置き換えダイエットを止めたのであれば、低カロリーな食事内容(サラダを沢山食べるなど)にしましょう。

上記のことを守って、置き換えダイエットに挑戦してみてくださいね。
まじめに取り組むほど止めたときのリバウンドは大きいようなので、夕飯に沢山食べたいと思っている日の昼食を置き換えるなど応用を利かせてみてはいかがでしょうか。